カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • キャンベル・アーリー特集

What kind of grape is Campbell Early?
キャンベルアーリーはどんなブドウ?

キャンベル・アーリー

キャンベル・アーリーは、アメリカでジョージ・W・キャンベルによって「ムーア・アーリー」に「ベルビダー×マスカットハンブルグ」を交配して生まれた実生を選抜育成されたラブルスカ種の黒ブドウです。
「日本のワインぶどうの父」と言われる新潟県の川上善兵衛氏によって、1897年(明治30年)、日本に導入されたと言われています。

果肉は非常にジューシーで、酸味がしっかりとあり、糖度は13〜16度ほどで、全体として濃厚な甘酸っぱさとして感じます。都農・川南町では「尾鈴ぶどう」と言われており、昔から町民に慣れ親しまれているブドウです。

Campbell Early History
キャンベルアーリーの歴史

キャンベル・アーリー

都農ワイン=キャンベル・アーリー=地酒
昭和28年、本来、果実栽培に不適だったこの土地でぶどう栽培を始めたのが、「永友百二」です。「生食だけでなく、ぶどう酒もつくれば安定した収入につながるのではないか」と考えた百二は、「田んぼん、木を植ゆる馬鹿がおるげな」と、周囲に陰口をたたかれながらも、この土地が秘める「未知の力」を信じ、品種選択と改良を繰り返し、都農の風土を反映するぶどうを育て続けました。
1996年、都農ワイナリーが設立。ついに、百二が夢見たぶどう酒造りが始まったのです。
「幻のワイン」と言われたキャンベル・アーリーは、25年間変わらず愛し続けられています。

Lineup & awards
ラインナップ&受賞歴

キャンベル・アーリー

ここにキャッチコピー
ここにキャッチコピー
ここにキャッチコピー

ここにタイトル

ラインナップ&受賞歴の文章
ラインナップ&受賞歴の文章
ラインナップ&受賞歴の文章
ラインナップ&受賞歴の文章
ラインナップ&受賞歴の文章


ここにワインの説明
ここにワインの説明
ここにワインの説明
ここにワインの説明
ここにワインの説明


キャンベル・アーリー ドライ

ここにタイトル

ここにタイトル

ここにワインの説明
ここにワインの説明
ここにワインの説明
ここにワインの説明
ここにワインの説明


Thoughts on Campbell Early
キャンベル・アーリーへの思い

キャンベル・アーリー

「生食用のブドウでワインを造ることは難しい」「キャンベル・アーリーはワイン造りには向いていない」このように言われるほど、キャンベル・アーリーでワインを造ることは難しいとされていた。しかし、地元農家の協力や小畑社長、赤尾工場長の情熱や確かな技術によってワイン好き100人に聞けば100人が知っているであろう、世界各地のワインの動向が記されている「ワインリポート」の「世界の最も注目されるべきワイン百選」に選ばれたのである。南限のワイナリーが世界に名を轟かせたのである。
このことは、日本で生食用のブドウを使ってワインを造っているワイナリーに希望を与えたことになる。
しかし、キャンベルの夢はまだまだ終わっていない。赤尾工場長や小畑社長が口をそろえて言う「チャレンジを忘れない」というフレーズを実現すべく、常に新しいことにチャレンジしている。
このチャレンジ精神がある限り、都農ワインは、キャンベルは成長し続けるのだ。

Marriage
マリアージュ

キャンベル・アーリー

都農ワインの代表銘柄でもある「キャンベル・アーリー」は、チキン南蛮や中華料理(エビチリ、酢豚、生春巻き)などと楽しいマリアージュをみせてくれます。また、チーズケーキやマカロン、和菓子などのスイーツにも相性ピッタリです!
ミントのような爽やか香り、イースティーな複雑な香りをもつ「キャンブルスコ・ロゼ・ペティアン」には、生ハムメロン、サーモンのカルパッチョ、サラミなどと合います。
キメ細かい泡とグラデーション奏でるエキゾチックな色合い、やわらかいタンニンが魅力のキャンベルの醸し仕込み「キャンブルスコ・レッド」には、トマトソースたっぷりのパスタやトマトピザなど、カジュアルにどうぞ!